2014年07月02日

2014年6月30日 モーニングセミナー 

おはようございます。

30日に行われました、モーニングセミナーの内容を少しご紹介致します。

今回の講師は、馬場等幹事と仁連小学校の日毛清文校長先生のお話です。
ということで、テーマは、あいさつ運動です。

まず、はじめに。馬場等幹事。
馬場さん(小).JPG

日毛校長先生とは、古河市倫理法人会のあいさつ運動を通して、知り合いました、と。
そのとき、日毛先生は、釈迦小学校の校長先生だったそうです。

当時の日毛校長先生から、「あいさつで悩んでいるんですよ。」って
打ち明けられた、そうです。

そして、先生向けに、あいさつ研修。次に生徒さんにあいさつ研修に至った、という裏話を話て下さいました。

ちなみに、生徒達にあいさつ研修を行った詳細は下記。


続きまして。
古河市立仁連小学校 日毛清文校長先生です。
テーマは、「小学校における、あいさつ研修について」

校長先生曰く、声が大きく、出ている学校は、荒れない、そうです。
元気な学校って事でしょうかね。
逆に、声が小さい学校は、荒れてしまうそうです。

仁連小学校の生徒は、そのまま三和中に進むそうです。
なので、三和中のみなさんに迷惑を掛けないように、
しっかりとしつけをしていきたい、とおっしゃっていました。

日毛校長先生.JPG
仁連小学校の教育方針が書かれたレジュメ。
中には、特に力を入れることとして、「いつでも、どこでも、明るく、さわやかにあいさつのできる児童を育てる。」と。

最後に、あいさつ研修を行った際の児童からのアンケートを教えて頂きました。
楽しかった:90%
楽しくなかった:10%

楽しくなかった理由として、声が出せなかったから、頑張ったのに1票も入らなかったから(審査のとき)、、等々。

そして、倫理法人会の方に伝えたいこと、として。
家族であいさつの練習をした、これからも挨拶を頑張ります、低学年の子達にも教えてあげたい、
あいさつが好きになった、等々。

改めて、あいさつが持つ力を思い知った日でした。

今回の出席者数は、59社、71名です。


posted by 古河市倫理法人会 at 07:16| 茨城 ☁| Comment(0) | モーニングセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。